ムダ毛のある人

生まれつき体毛が濃い体質の私。初めて「この毛をどうしかしたい…」と思ったのはなんと幼稚園生の時です。靴下が隠しきれない、フワフワと生える足の毛を見た男の子が一言「もじゃもじゃの足~」。

stockfoto_41768795_XS小学生に入ってからも邪気のない男子が「お前も毛がたくさん生えてるな~」と一言。

だんだんと発言をわきまえるようになる中高生のころには、異性から言われることはなくなりましたが、その代わりに思春期に入り自我や美意識が芽生えます。髪の毛の手入れや化粧に手をだすと、ついでに目に入る自分のムダ毛。ムダ毛がどんどん嫌いになりました。

授業中に集中力がとぎれると目に入ってくる指の毛や、薄着になる夏に目立つ二の腕の裏の毛…。

きわめつけは顔に生える産毛で、これはムダ毛の中でも一番嫌いです。煌々と明かりのついたコンビニに入ってふと壁にある鏡で顔を見ると…生えてます生えてます。ついでに毛穴も見えます。

自分の毛を入念にチェックしていると、他人のムダ毛も気になるものです。
電車で前に立った女性のどこにムダ毛が生えているか、どこを見落としがちかさりげなく確認してしまう日々。

幼稚園から大人になった現在まで、常にムダ毛は悩みの種。
この悩みから解放されるには脱毛するしかないのです。

http://www.cliniceffect.com/

ムダ毛のある人

上手くいかない時の対処法

単純なパソコン作業は1時間もすると眠くなってしまいます。
これは何もしないで、テレビを見ているのと同じような状態なのかもしれません。

パソコンで眠くなるのは、その内容にも大きく関係してきます。
とても興味があって、どんどん引き込まれていったり、考えさせられるような内容のものは眠くはなりません。

私はパソコン作業が単純な時は、読書をしたり、テレビを見ながら同時に行うことも多いです。
特に重くてなかなか画面が切り替わらない時などは、他のことをやりながらのほうが、気持ちがイライラしなくて済みます。

急いでいる時のネットの重たさは、かなりイライラしてしまいます。
これは車の運転で、急いでいるのに渋滞だったり、赤信号に何度も引っかかってしまう時に似ているかもしれません。

不思議なことにこういう時こそ他のことをやると、すぐに画面が動いたり、信号が青に変わったりします。

何事も上手くいかないことに執着しすぎずに、そういう時間も上手く活用できる方法を見つけておくと便利です。

上手くいかない時の対処法